ピルの基礎知識

ピルは、女性が主体となって避妊するための薬です。1960年代に使われ始めた当初は、ホルモン量の多い高用量ピルしかありませんでしたが、現在では、女性のからだへの負担が少ない低用量ピル(OC)が主流になっています。

世界では女性の身近な避妊薬として利用されており、日本を除く先進国では約20%の女性がピルを服用しています。一方、日本の服用者は、いまだ数%程度といわれています。ピルは、飲み忘れのない理想的な服用の場合、妊娠する確率は0.3%です。日本で一般的な避妊法のコンドームが2~15%であることから、避妊効果に大きな差があるといえます。また、ピルは避妊だけでなく、月経などに対する副効用も持ち合わせています。
 
ここでは、ピルの服用方法などの基本的な情報から、実際に服用する上での注意点などを紹介します。ピルに対する疑問を解消し、理解を深めていきましょう。